胸を大きくバストアップ

胸が膨らむ仕組み

胸が膨らむ仕組み

乳房の構造は乳腺と乳管が脂肪で覆われており、そしてその大半が脂肪が占めています。
その脂肪でできたバストを支えているのが大胸筋です。

 

このことから、バストを大きくするには、乳房に脂肪を集めることと、良い形にするために大胸筋を鍛える必要があります。

 

本来、女性の身体というものは女性ホルモンを分泌させ胸を発達させる働きがあります。
生理前や妊娠後に胸が大きく張るのはこのせいです。

 

しかし、女性としての身体の機能が100%機能しなくなると女性ホルモンの分泌が減り、胸が張らなくなったり、生理痛がひどくなったり、出産後の人は母乳が出にくくなったりと言うような現象が発生しやすくなります。

 

また、人の身体に元々備えた基礎代謝が衰えてくるとこの女性ホルモンが分泌しにくくなり、胸の大きくなるスピードも弱まり、胸はあまり発達しなくなります。
更には、歳とともにこの代謝も弱くなり、胸の張りも減り、最後には垂れてきてしまうのです。

 

大きく張りのあるバストにするには基礎代謝を常に活発にさせ、流れてしまっている脂肪を胸に戻して上がる必要があります。
合わせて大胸筋を鍛えて形の良いバストを維持することが大切です。

◆業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」◆


ホーム RSS購読 サイトマップ
テレビで放送!胸のサイズアップ 5分でつくる!胸の谷間 たった30分の入浴法 垂れないバストにする方法